都心部?それとも郊外!? 物件選びについて

 

 

 

都心部から郊外まで、
どのエリアに開業するのがベストか?

 

これは地域密着型なのか、
それとも広い商圏を対象にした整体院なのか?
によっても変わると思いますが、

 

どんなことでもメリットと
デメリットが混在するように、

 

開業する場所もまた良し悪しはあると思います。

 

 

都心部か?郊外か?

 

都心部にお店を構えるメリットは
やはり集客はしやすいと思いますが、

 

その分、家賃は高くなるので、
それ相応の売上は必要になると思います。

 

逆に郊外にお店を構えれば、
家賃は安く抑えれるかもしれませんが
集客には苦労するかもしれません。

 

 

どんな整体院?(差別化は…)

 

私の見解は
大手の整体院やサロンとは違い、

 

一人整体院の場合は、
都心部だとか郊外だとかではなく、

 

重要なのは自院の特長や
他院との差別化ができないと、

 

都心部では特に価格競争に
巻き込まれる可能性があると思います。

 

極端な話、「世界にたった一つ」
しかないお店を作ることができれば、

 

どんなにお店が自宅から遠くても、
また、どんなに不便な場所にあっても、

 

更には施術料金が高くても、

 

ディズニーランドのように
日本各地からお客さんは来てくれると思います。

 

実際に私が開業したお店は
自分のダンス留学の経験及び、舞台で踊っていた
経験を活かした整体院だったので、

 

都内はもちろん、
地方からも沢山のお客さんが来てくれました。

 

都心部のど真ん中に開業するやり方も、
もちろんアリだとは思いますが、

 

家賃が高くなると
それこそ施術料金の単価を上げるか、

 

もしくは対応する人数を増やす必要があるので、

 

開業したばかりの頃は、

 

多少不便な場所でも試験的に自宅や、
マンションの一室で小さくスタートすることをお薦めします。

 

 

都心部から離れた物件の例

 

私が2012年の暮れに
今の物件を見つけた場所はこちら↓

(2013年当時の、京急空港線・糀谷駅)

 

山手線の品川駅から30分以内で来れますが、
決して都心のど真ん中ではありません。

 

また、今は再開発で
駅周辺は大きく変わりましたが、

 

それほどお洒落な街ではなくても
自分にしかできないサービスを提供したことで、

 

地方からのお客さんにも恵まれました。

 

こちらが待合室兼カウンセリングルーム

 

施術ルーム

 

トレーニングスタジオ

 

全3部屋の間取りは2DKで、
広さはおおよそ40㎡ほどの物件です。

 

山の手エリアでこの広さを借りるとなると、
おそらく15万円以上はするのではないかと思いますが、

 

糀谷のここの物件は、
8万円台の家賃で借りることができました。

 

 

まとめ

 

一人整体院で開業する場合は、
どのエリアで開業するかよりも、

 

まずは、自分にしかできないサービス、
世界にたった一つしかないお店作りを考えるべきだと私は思います。

 

選ばれる整体院になるために、
自分にしかできないことは「経験」でも「人柄」でも、

 

人には何かしらの
個性があると思いますので、

 

それを見つけることができれば
必然的に選ばれる整体院になると思います。

 

 

 

集客のための7日間無料メールレッスン!
只今、登録された方には豪華☆無料プレゼント配布中↓

最近のコメント
コメントなし

シェアする

フォローする