なぜ開業か?

 

 

 

安定をとるか?

 

それとも自由をとるか?

 

この究極の二者択一を迫られた時
私なら迷わず後者をとります。

 

もちろん、これは人それぞれ価値観や
大切にするものが違うため絶対の答えはありませんが、

 

仮に安定を望む人であれば、
公務員や会社勤めの道を選べばいいし、

 

私のように会社の為より自由をとり
ヨチヨチ歩きでも自分のお店をつくりたい!

 

という人は開業をして自由な
ライフスタイルを構築すれば良いと思います。

 

大切なのは、自分にとっての居心地の良さだったり
またストレスフリーな生活を送ること!

 

それが出来れば
本当に幸せなことだと思いますが、

 

実際には自分にとっての居心地の良さって?

 

何なのか分らず生活している人や
日常に追われそんなこと考える暇もない方が多いと思います。

 

私があん摩マッサージ指圧師の学校へ行った時、
年齢は既に33歳で社会人になってから15年ほど経過していました。

 

どうしても組織に属すると私は人間関係に疲れ、

 

それが強いストレスとなり
仕事が続けられなくなる傾向にあったため、

 

社会人になってからは、
ずっと自分一人で仕事できることはないか?
探し求めていました。

 

18歳で上京して、20歳で米国に留学するまで
ダンスを続けながら生活の為にしてきたアルバイトは、

 

・ラーメン屋さん

・そば屋の配達

・ピザ屋のデリバリー

・コンビニ

・テレアポ

 

などが中心でしたが、

 

この中でも一番長く続けれたバイトが
そば屋の配達とピザ屋のデリバリーでした。

 

お互い自由は多くありませんが、
共通して「自分一人になれる」という接点があったのです。

 

同じ室内で同じ従業員と一緒に
仕事をず~~っと続けることには抵抗を感じても、

 

一人になれる時間が少しでもあれば、
自分にとってそれは「居心地が良く」仕事を続けることができたのです。

 

25歳で留学先の米国から帰国し
その後、再びダンス活動を続けながらしていた仕事も、
バイク便でした(笑)

 

この仕事は、そば屋やピザの配達より
更に自由度が高かったので、

 

結果、あはきの学校に通いながら
トータルで9年間もバイク便は続けていました。

 

居心地の良さだったり、
ストレスなく生活することはどういうことか?

 

いまいちピンとこない方は、今一度
自分の経歴を振り返ってみると良いと思います。

 

付き合う人たちや生活する環境も含め、
やはり長く居座る地域や続けた仕事、

 

また友人関係はどこかに「居心地の良さ」を感じていたと思いますので、

 

これから開業をしようか?
それとも会社勤めで自分は十分か?

 

迷っている方は、今一度、自分が
歩んできた道のりを振り返ってみてください。

 

開業をすれば自由はあるけど
軌道に乗るまで集客に苦労はすると思うし、

 

組織に属すれば、ある程度の
安定はあっても自由は減ると思いますので、

 

自分にとっての居心地の良さ…

 

それが私の場合は開業をして
自由にライフスタイルを構築することでした。

 

最近のコメント
コメントなし

シェアする

フォローする