治療院に勤める【2年目】

 

 


研修、臨床、勉強、

 

治療院に勤めた最初の一年目は、

 

あはきの学校を卒業したばかりの
ペーペーだったので、

 

余計な雑念は完全に排除し、
ガムシャラにこのサイクルだけを繰り返した。

 

全ては3年後の独立開業のために!

 

とカッコよく言いたいとこだが、

 

実際には、まだこの時点では
何も成し遂げていなかったので、

 

先の事を考える余裕などは無かった。

 

ガムシャラに働いた一年目に比べ
二年目は確かに心に余裕も生まれたが、

 

それでも自分の臨床には
まだ確固たる自信が持てなかったので、

 

当時の私には、
何より現場での「経験」が必要だった。

 

幸い経験をさせてくれる場所は
たくさん設けてくれたので、

 

二年目からは他のスタッフよりも
出勤する時間を早め、

 

人一倍、現場を経験することに集中した。

 

現場で様々な患者さんと向き合い、
そこで一つ一つの「結果」を出すこと!

 

その小さな成功体験こそが自信となり、
明るい未来に繋がる唯一の道だということを信じ、

 

走り続けた二年目。

 

季節は夏から秋へと移り変わり、

 

そろそろ治療院と3年目の契約について
考えなければいけない時期が迫っていた。

 

 

 

最近のコメント
コメントなし

シェアする

フォローする